September

Barry Gibb   September 1
1946
Douglas
Isle of Man
UK
Barry Alan Crompton Gibb  
Billy Preston   September 2
1946
Houston
Texas
USA
William Everett Preston  
Memphis Slim

September 3
1915
Memphis
Tennessee
USA

February 24
1988
Paris
France
aged 72
John Peter Chatman   マッディ・ウォーターズのバックなどを経た、バリバリのシカゴスタイルのピアニストですが、ウイリー・ディクソンとパリのキャバレーのライブ、「Aux Tros Maillez」はなんとも優雅にシカゴブルースを聞かせてくれます。
Freddie King September 3, 1934
Gilmer
Texas
USA
December 28, 1976
Dallas
Texas
USA
aged 42
Frederick Christian   アルバートB.B.とで三大キングで有名。伝統のカリカリテキサスギターを聞かせてくれます。70年代Leon Russellをプロデューサーに迎えてからはがらっと音も変わりよりカリカリが生きるファンキーな暑いR&Bをやっていました。

Freddie Mercury
(Queen)

September 5
1946
Stone Town
Zanzibar
Tanzania
November 24
1991
London
England
Frederick Bulsara   なんと言っても歌唱力です。小難しい展開の曲でもフレディーが歌えば説得力があり、たちまちQueenをトップスターにのし上げました。
Jimmy Reed

September 6
1925
Dunleith
Mississippi
USA

August 29
1976
Oakland
California
USA
aged 50
Mathis James Reed   親しみやすいメロディーと声で、ブルースをポピュラーな存在にしてくれました。なかなか骨のある厚い演奏もあります。
Roger Waters   Sep 6
1944
Great Bookham
Leatherhead
Surrey
England
George Roger Waters  
Jose Feliciano September 8
1945
Lares
Puerto Rico
  Jose Montserrate Feliciano Garcia   キターテクニックは言うに及ばずですが、歌唱力のすざまじさは何年経っても衰えません。そのためジャンル、ジェネレーションを超え感動を与えてくれます。
Otis Redding September 9
1941
Dawson
Georgia
USA
December 10
1967
Madison
Wisconsin
USA
aged 26
Otis Ray Redding, Jr.   彼の声は、すざましいパワーの中になんともいえない切なさが同居していて、場所を選ばせないほど、いつ、何処で聞いてもやさしく入って来ます。
Joe Perry
(Aerosmith)
 

September 10
1950
Lawrence
Massachusetts
USA

Anthony Joseph Perry  

Paul Kossoff
(Free)

 

September 14
1950
Hempstead
England

March 19
1976
New York
NY
USA
aged 25
Paul Francis Kossoff  
B.B. King September 16
1925
Indianola
Mississippi
USA
  Riley B. King   フレディアルバートとの三大キングの1人で、遅咲きの巨人です。アットホームなライブは彼の人柄がよく出ています。
Eric Gale
(Stuff)
September 20
1938
Brooklyn
New York
USA
May 25
1994
Baja
California
USA

aged55
    あのサタデーナイトライブのStuffのギターリスト。職人の集まりのバンドで、渋いギターを聞かせてくれます。
David Coverdale  

September 22
1951
Saltburn-by-the-Sea
Cleveland
England

 
John Coltrane September 23
1926
Hamlet
North Carolina
USA
July 17
1967
New York
NY
USA
aged 40
John William Coltrane   聞いていてあふれてこぼれ出そうになるほどのフレーズが、ガンガンと迫って来たかと思えば、ほっと落ち着くやさしい音で次ぎへと誘ってくれます。カリフォルニアにはコルトレーンが降りて来て皆でサックスを吹く教会まであります。
Ray Charles September 23
1930
Albany
Georgia
USA
June 10
2004
Beverly Hills
California
USA
aged 73
Ray Charles Robinson   レイには強くロックを感じます。一貫してアピールしてくる強さ、これでどうだ!っと言わんばかりの時代を超えたパフォーマンス。伊達に転んで来たんじゃねぇぞ!っていう姿勢が年をとってからもひしひしと伝わってきます。
Ben E. King
(The Drifters)
September 23
1938
Henderson
North Carolina
USA
  Benjamin Earl Nelson   彼の声のつやっぽさといったらないです。50年代の優雅さの象徴でもあります。
Bruce Springsteen  

September 23
1949
Freehold
New Jersey
USA

Bruce Frederick Joseph Springsteen  
Linda McCartney   September 24
1941
New York City
NY
USA
April 17
1998
Tucson
Arizona
USA
aged 56
Linda Louise Eastman  

Bryan Ferry
(Roxy Music)

 

September 26
1945
Washington
Tyne and Wear
England

 
Jerry Lee Lewis September 29
1935
Ferriday
Louisiana
USA
      混沌の60年代突入前の喧騒を彷彿させるようないかれたスタイルは、R&Rの代名詞にもなっています。
Marc Bolan
(T. Rex)
September 30
1947
Hackney
London
England
September 16
1977
Barnes
London
England

aged 29
Mark Feld   音はロックンロールですが、リーゼントのロックとは違い「片付けなんかほったらかしでいい」って思わせるなんとも不思議なロックを聞かせてくれます。

Back to BarJourney.com